ハウスクリーニング業界について

業界の特性

ハウスクリーニング業は主に一般家庭や賃貸物件の清掃を業務として行う事業です。
またこの業界は、開業に際して施設・設備などに対する初期投資が少なくてすむ為新規開業が比較的容易と言われており、個人のおそうじ業者や中小業が数多く活躍する業界となっています。

ハウスクリーニングを利用する年齢層は30〜50代が多く、「一部のお金持ちが頼むもの」ではありません。
50〜60代では「掃除は自分でやる」という意識がまだ強いですが、20代〜30代では、そういった意識は薄らいでいるようです。また、若年層の世帯に、共働きや独身者が増加しており、外部サービスを利用する層はますます増加傾向にあるといえます。

市場拡大の要因

女性の社会進出、共働き世帯の増加、高年齢化社会、ライフスタイルの変化や、ダニやハウスダストを原因とするアレルギーに対する関心の高まりの影響により、今後もより市場拡大が見込まれています。

生活と密着したサービスは、景気に左右されにくいサービスであり、今後の時代の流れに沿ったビジネスへと成長していくと考えられます。

競合他社が少ない

現在全国各地で営業している清掃業者は沢山いますがその大半は空き室や飲食店や美容院など店舗を中心としている業者になります。

ハウスクリーニングの業者は非常にまだまだ少ないのが今の現状です。
なぜ少ないのかは、ハウスクリーニングは一般的に家庭に入り込むサービスなので信用信頼が必要になるので大手が参入し難い為、競合他社が少ないのです。

ページトップへ